ソリューション

日本に初めて細胞培養加工施設が誕生して15年。
私たちは、地道なクライアントへの提案により再生医療・細胞治療の現場を
サポートして参りました。

臨床研究が着実に進む中、iPS細胞の発見と応用により、その管理・運営には、より高品質なものが必要とされています。弊社は、GMP施設の組織や文書の確立及び、運営管理の支援を通して、お客様の潜在的な課題解決に向けた様々なソリューションを提供出来るよう、取り組んで参ります。

製造設備機器・各種システムの設計・製作

リリースノートAC800 大量培養CO2インキュベータ
(慶應義塾大学医学部 心臓再生医療センター 導入事例)

AC800 大量培養CO2インキュベータ

AC800は、自動制御式ロボットハンド内蔵の大量培養CO2インキュベータです。
細胞培養容器を無菌操作ユニット側から取り込み、培養ステージへ自動ロボットハンドが搬送。
細胞培養容器など、庫内で使用済みとなった物は、廃棄物搬出専用ボックスから排出。
インキュベーター内で必要な作業全般を可能にしました。

AC800 大量培養CO2インキュベータ

導入事例金沢医科大学病院 再生医療センター CPC導入事例

金沢医科大学病院 再生医療センター CPC導入事例

治療に利用される細胞製造を実施するためには、GMPの3原則である「人為的ミス防止、汚染防止、品質保証」に基づいた運用を実現するための施設が必要となります。
本CPCは、3原則に基づく、施設・システム・機器のトータルデザインが施された理想的な環境を実現しております。

金沢医科大学病院 再生医療センター CPC導入事例

導入事例細胞品質試験 自動化へ!

細胞品質試験

再生医療・細胞治療に必要不可欠な細胞の品質試験を3試験(無菌試験、エンドトキシン試験、マイコプラズマ否定試験)自動化いたしました。

細胞品質試験 自動化へ!

導入事例閉鎖系システム(アイソレータ技術)をベースとした自動化の実現

導入事例

既存の閉鎖系システム(アイソレータ技術)をベースに、無菌操作ユニット・サプライストックユニット・インターチェンジユニット・パスボックスユニット・過酸化水素蒸気発生ユニット・自動搬送細胞ユニットで構成した自動化の事例をご紹介します。

導入事例

GMPの三原則を守る細胞製造施設のご提案

GMPの三原則を守る細胞製造施設のご提案

GMPの三原則である「人為的ミス防止、汚染防止、品質保証」弊社はこの 3 原則に基づいた施設の設計プランを提案いたします。

GMPの三原則を守る細胞製造施設のご提案

GMP準拠管理文書・記録書の作成支援

GMP準拠管理文書・記録書の作成支援

GMPの三原則である「人為的ミス防止、汚染防止、品質保証」弊社はこの 3 原則に基づいた施設の設計プランを提案いたします。

GMP準拠管理文書、記録書の作成支援

カスタマーの要望に正確に応えるソフトウエアの作成

細胞培養工程管理システム(Cell Culture Management System)
システム開発

細胞培養に特化した記録の一元管理、検体・試薬・機器など細胞培養に必要な情報の一元管理を実現するシステム開発を行います。必要な情報は、Excelファイルにエクスポートできるので、入力したファイルを有効活用することができます。

システム開発

消耗品の販売

消耗品
消耗品の販売